事前の準備を意識することで流れを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月15日

葬儀を行う時はその流れを意識することが大切です。実際にその時になれば、担当者にサポートしてもらえますが、事前に流れを知ることが重要です。そうすることで、不安を取り除くことができます。喪主として葬儀に参加する時は、喪主としてのお悔みの挨拶文などを考える必要もあります。こうしたことをする時は法律のことを意識する必要もあり、法律によって逝去後24時間は火葬することができないです。葬儀の打ち合わせをする時は、喪主や世話役などの役割を決める必要があります。

続きを読む

葬儀の予約を行う際に考えるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月27日

葬儀は専門業者の力を借りなければ執り行うことができません。大手のところも個人経営のところもキチンと対応をしてくれるので、安心をして任せることができます。逝去をして24時間は火葬を行うことができないので、逝去をした翌日以降に通夜を執り行うことが多いです。しかしすでに予約がいっぱいで翌日に執り行うことができないこともあります。また六曜を気にして友引を避ける地域もあります。日程を早く組みたい場合には、出来るだけ早く葬儀会社に連絡をして、日程の予約を行うことが大切です。

続きを読む

お葬式参列時に気を付けたい女性の髪型

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月13日

お葬式の時にはその場にふさわしい恰好をしていくことになりますが、いつもファッションに気を配る女性の場合だと、身だしなみとして髪型にも気を付けることです。焼香をする際に長いままの髪の毛は邪魔になりますし、髪の毛に熱が移っては危ないですからロングヘアはまとめ髪にします。お団子ヘアなども時代の流行りにはのっていますが、こうしたシーンでは不釣り合いであり、まとめる際には耳よりも上にならないことです。普段のプライベートタイムを過ごす休日の装いとは違いますので、耳の下で髪の毛はまとめます。

続きを読む

長さは弔電や弔辞の長さで変わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年08月21日

多くの仏式で行われる葬儀の場合、亡くなられた方が出た場合、葬儀会社に連絡するところから始まります。業者が遺体運搬用の車を用意してくるため、自宅もしくは霊安室まで運んでくれます。搬送手続きをする前にどこに置くのか必ず伝えることを忘れないでください。遺体を安置し、通夜・告別式の詳細内容を相談しましょう。双方納得で切る形で打ち合わせが済んだら納棺を済ませ、通夜・告別式を行います。告別式では最上をはじめとした式場を使う場合が多く、式場の準備などは業者に任せてください。

続きを読む

葬儀の盆法要を知っておきましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年07月06日

祖父母や両親などの家族が亡くなると、お通夜や告別式などの葬儀を行う必要があります。初七日や四十九日などが過ぎると盆法要が控えているので準備をしておきましょう。葬儀が終わった後は新盆になるため、手厚く供養をするのが一般的になっています。宗派によっても多少の違いがありますが、お供え物を置くための盆棚を作っておく必要があります。若い年代の人もきゅうりやなすを牛や馬に見立てたお供え物を拝見した人も多いです。

続きを読む
PAGETOP